家賃滞納の対処法

不動産オーナーにとって、家賃の滞納は絶対に避けたいものです。

この家賃滞納リスクをカバーする代表が、家賃保証です。

最近ではお部屋を借りる際に、家賃保証をつけることがほとんどだと

思いますが、保証人を付けられる借主さんにとっては、家賃保証の費用は

余計な出費なので、できれば避けたいところではないでしょうか?

一方でそういった借主さんの負担を軽減させたいと考えるオーナーさんも少なくは

ないと思います。

そういった家賃保証会社は使わないよっていう借主思いのオーナーさんに

万が一家賃滞納が起きた場合の対処法です。

まずは勘違いで払い忘れてしまったかもしれないので、とにかく借主さんへ連絡します。

そこで、連絡が取れない場合連帯保証人に連絡をします。

この段階で家賃が回収できれば良いのですが、連帯保証人とも連絡が取れない場合は、

家賃の支払請求書を内容証明郵便で送りましょう。

ことの重大さに気づき、支払いをすることに期待できます。

この段階でも振り込まない場合は、とても不誠実な借主ということになります。

ただ、強制的に部屋から追い出すことはできないので、裁判をすることになります。

滞納は日にちが進めば進むほど借主さんも支払う機会を失うので、家賃滞納があった場合

放置せずに速めに対処することをお勧めいたします。

Today: 4
Total: 98854